トップ / 歯科でのメンテナンス

歯科での治療の情報

歯磨き粉と関連する歯科の病気

爽快感を求めることから、歯磨きが好きという方もいらっしゃいます。口の中を衛生に保つことは他の病気のためにもいいことなのですが、歯の磨きすぎは、思わぬ歯科の病気になります。摩耗症です。歯磨き粉いは研磨剤が入っています。歯は外側からエナメル質、象牙質、セメント質となっています。歯磨きのし過ぎで、研磨剤がこの歯のエナメル質を傷める結果になることがあるのです。歯が薄くなると知覚過敏にも影響します。虫歯や歯周病から守るつもりで行う歯磨きがやり方次第で、逆に歯科の病気を招く結果となるのです。歯磨き粉を適量使用することが大切です。

良い歯磨き粉について

歯科では、治療前に歯の洗浄を行う時や定期的なメンテナンスの時に歯磨き粉を用いて患者の歯の汚れを落とします。また、それで汚れを落とすメリットは、歯がきれいになるだけではなく、歯の問題点を見つけやすいという点です。歯科医は患者に対して歯磨き粉の爽快感でしっかりと磨いたと勘違いしてしまう事を注意するケースが多いです。爽快感にだまされ、汚れが落ちていない事が多くあります。メンテナンス時等に医師は患者に対してそれの爽快感にだまされる危険性やと長期間にわたって健康な歯を維持するための磨き方を丁寧に伝えます。