トップ / 歯科で歯垢除去を行う

歯科での治療の情報

歯科で歯石除去をしてもらう

歯科に治療に行くと歯のメンテナンスとして行なってもらえる、歯石除去ですがこれは歯の虫歯予防や歯周病予防に効果があると、言われれています。しかし、実際にどのような意味があってしてもらっているのか知らない人も多いのではないでしょうか。歯についた、歯垢はそのままにしておくと石灰化、つまり石のような形状に変化してしまい容易には除去できなくなります。これが歯石と呼ばれるもので、歯石は歯垢が付着しやすくなるため、虫歯や歯周病の原因となりやすいのです。そのため、定期的に歯科検診を受け歯石除去をしてもらうことで、虫歯などの予防につながるのです。

1年に1回は歯石除去を

食後に歯を磨けば歯には食べカス等の除去が出来るでしょうが、歯ブラシで何回磨いたとしても歯垢を完璧に落とすというのは不可能に近いので徐々にそれが固まっていき石灰化してしまいます。歯科医に見せれば歯石除去をして貰う事は容易い事で、石灰化してしまった箇所でも歯石を削れば問題ありません。施術は金属の爪の様なものでガリガリとひっかくようにして歯石を削り落とし、その汚れを別のスタッフがバキュームで吸いとるという方法で施術が行われるのです。これを放置しておくと、後々歯周病に影響が出る可能性がありますから、1年に1回程度は歯科医に歯石除去に行く事が望ましいとされています。