トップ / かかりつけの歯科を持つ

歯科での治療の情報

歯科医になるための歯学部

歯科医になるためには、大学の歯学部で6年間の専門的な課程を経てから、国家試験を受験して、合格する必要があります。しかし、その前に歯学部に入る必要があります。全国いろいろなところに大学の歯学部がありますが、国公立では偏差値も60以上のところもあるので難しいことは確かですが、私立は偏差値が50程度の大学も数多く、さらにはボーダーフリーのところもあったりします。しかし、学力と国家試験の合格率も関係してくるので、歯科医師になるためにはそれなりに勉強をしないとなれないのです。しかし、医師のレベルとは全く異なります。

歯科の診療所と病院について

歯科で治療を受ける場合、どこで受けるか、しっかりと考える事が大切です。親知らずを抜くだけの場合などは、近くに信頼出来る診療所がない場合は、専門の病院に行った方がよいでしょう。専門の大きな病院なので、しっかりとした治療を行ってくれます。親知らずを抜くだけであれば、それ程通うこともないので、大きな病院の方がよいこともあるのです。しかし、虫歯の治療などの場合は時間がかかってしまうので、気軽に通うことが出来る距離にある診療所を選ぶようにしましょう。受ける歯科治療によって、診療所と、病院、選び方が違ってくるのです。