トップ / 歯科クリニックと大学病院

歯科での治療の情報

大学病院の歯科について

コンビニエンと同じ数があるとされる歯医者ですが、大学病院にも歯科があるのをご存知でしょうか。大学病院とクリニックの役割の違いについて、説明いたします。大学病院では、親知らずなど、難しい抜歯や、あごの粘膜の炎症、口やあごの外傷、うけ口などの改善、口腔インプラント治療をそれぞれの専門医が対応しています。困難な手術を伴う、治療については、外科の専門家がいる大学病院を受診されることを推奨いたします。また、インプラントでは、治療費の一部が保険適応となるため、一般の歯科クリニックではなく、大学病院を利用しましょう。

歯を綺麗に健康を保つための歯科

歯科は何も歯を治療するだけが仕事ではありません。ホワイトニングや歯石の除去などの口内ケアも仕事です。歯石は、口臭の原因にもなるので、口臭が気になるという人には、歯石除去をすることで治ることがあります。また、インプラントや入れ歯を作ったりするのも仕事です。普段から通うことで、虫歯の予防にもつなげることができ、虫歯の早期発見早期治療にもつなげることができるので、歯を大事にしたい場合には、定期的に通うことがとても効果的です。歯を綺麗に健康を保つために歯科に行くことはとても効果的です。